ネットオークションの利用者は、商品説明欄を読まない落札者が多すぎる!?

きっと、日本の商売人というのは、サービスしすぎるのでしょう。おかげかどうか知りませんが、ネットオークションともなると、自分で情報を得ようという意欲がまるでないお客が多いのです。

ネットオークションは、個人でも出品できるという点をお忘れなのか、注文さえすれば、後は出品者が至れり尽くせり、すべてをやってくれると考えている方が多いのでしょう。お店並の接客を要求するお客がいるのです。正確には、ヤフーオークションに限り、です。その他のオークションは、利用経験が浅いので、なんとも言えませんが。なにはともあれ、たった1ページの、しかも600字前後の商品説明欄さえも読んで理解してくれない落札者が、全体の2、3割程度はいるのです。後でクレームに発展する前に、できるだけ取引ルールは明確に決めてから、オークションを楽しむようにしてください。

そしてヤフーオークション以上に、クレーマーが多いと言われるのが、海外オークションです。有名どころでは、『eBay』などですね。私は先日登録したばかりなので、売買経験はまだありませんが、今からドキドキしています。

eBayを検索すると、『ebay.com』と『ebay.co.jp』と、2つのサイトがヒットします。これは、前者が本場アメリカサイトで、後者が、eBayを利用する上で、英語が分からない日本人向けに、日本語で詳細を解説してくれているサイトです。こちらから、eBayサイトに登録することが可能ですので、日本語の方が良いという方なら、こちらをオススメします。

あとは、eBay公認の『セカイモン』というサイトもあります。こちらは、eBayでの取引を、入札から落札まで、完全日本語で対応してくれるサイトです。ただ、掲載商品は、eBayでの取扱商品数よりも少なく、高い手数料なども取られてしまうようですので、それでも良い方向けでしょうか。いざトラブルが起きた際には、あまりフォローがよろしくないとのウワサも聞きますが、海外発送をしていないセラーからの落札には、有利なサイトですので、1つの道としておさえておくのがベターです。

国内という制約にとらわれず、世界中の人たちと取引ができて、掘り出し物をゲットできるのは楽しいのですが、先にも書いたように、自分が出品者となる場合は、取引ルールは手抜きしない方が得策ですよ。

着物買取の高価買取

無農薬野菜の気になるお値段とは?!

貸し会議室 品川エリア

貸し会議室 新宿

渋谷の貸会議室